第4回 【前編】評論系同人誌・『二次元とファッション』・さるさんオタク史など

saru

お久しぶりです、明日さんです。怠けて1カ月ぶりの更新。本当は頻度高めでもっとやりたいんですが、リアルの都合が重なってしまいました。

今回は同人サークル、さる出版社長のさるさん(@saruhirata)をお呼びして、オタクのことを色々と話してます。長いので前後編になります。後編は今日(7/16)の夜に上げます。多分。前編だけ上げてジム行くので。疲れて寝たら明日(7/17)上げます。

さる出版さんは、評論系オリジナル同人誌、二次元と三次元のファッションの関係を論じた『二次元とファッション』をC87(2014年冬季コミックマーケット)にて頒布。現在第二弾『マンガビギナーズワークショップ』を今年の8/30のコミティアにて頒布予定のサークルさんです!!

その社長、さるさん(無職)をお呼びして明日さん(無職)と二人の無職によるラジオをお送りしていきます。

結構、今までみたいな、作品に関して語るというより、オタクの表現論とか語ってるので「オタクマジきめぇな」って人はそう吐き捨てて視聴回避お願いします。

【陳謝】途中、回線関係のトラブルあったりしたので、音量・音質等問題あって聴きづらかったらすみません。努力はしました。次回以降は直ってる気がします。フシューとかバックで雑音が鳴ってる(かも)ですが、多分エアコンです。幽霊ではありません。

以下、色々解説

・同人誌…もともとは、「同じ趣味の人が集まって作った本」が語源。明治期の小説家らが発行したものが起原。

・東方風神録 ~ Mountain of Faith.…言わずと知れた、東方projectシリーズ第10弾。ストーリーモード最終ボス八坂神奈子は長野県諏訪大社に祀られている建御名方命(タケミナカタノミコト)とその妻である八坂刀売命(ヤサカトメノミコト)が元ネタと言われます。また、extra stage(クリア後のおまけステージ)ボス洩矢諏訪子は、その地の土着神である洩矢神が元ネタと言われます。多分だけど、前者が古事記由来のアマテラスだとかその手の普段一般的に想像する神様なのに対して、後者はもともとその地で古来から信仰されていた自然信仰の類ですね。ものすごく乱暴な言い方をすると、インディアンがトーテムポール作るみたいな宗教が、自然信仰。

・明日さんが買った諏訪観光マップ的同人誌…同人サークル「かんたんのゆめ」さんの「東方的諏訪観光ガイド2013」ですね。楽しく聖地巡礼できました。ありがとうございました。

・明日さんのイメージした赤と白のドギツイ制服…「くいだおれ」(それは舞い散る桜のように)

・庵野秀明…映画監督、アニメーター。代表作『ふしぎの海のナディア』『新世紀エヴァンゲリオン』など。

・大塚英志…批評家、民俗学者、小説家、漫画原作者、編集者。代表作『多重人格探偵サイコ』(と私は思ってます。)

・「同人誌、初回は1,000部」…元ネタ、よくわかりませんでした。参考→初めての同人誌で1000部と豪語する猛者の話と、それを見た先人達の反応諸々 – Togetterまとめ

・新世紀エヴァンゲリオン…ロボットが色々するアニメ。

・涼宮ハルヒの憂鬱…学園を舞台に色々するアニメ。

魔法少女まどか☆マギカ…かわいい女の子達が魔法少女になったりならなかったりするアニメ。

順番めちゃくちゃかも。疲れたんでこのくらいにさせてください。

収録日:2015:07:07(前編)

パーソナリティ:明日さん
(https://twitter.com/ashitasan)

ゲスト:さる
(https://twitter.com/saruhirataenjin)

音楽素材利用
フリーBGM・音楽素材MusMus様
(http://musmus.main.jp/)

効果音素材利用
On-Jin ~音人~様
(http://on-jin.com/)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ashitasan

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。